海外ドラマ「フレンズ」で英語を勉強しよう!役立つ英会話

海外テレビドラマ「フレンズ」で英語を学習するブログです。日常英会話の勉強に役立つ英語のセリフ、フレーズ、名言を紹介し、解説しています。「フレンズ」は英語を学ぶのにおすすめの面白い海外ドラマ。楽しく観ながら英会話を身に着けましょう!

「フレンズ」シーズン1、第1話のセリフ②

「フレンズ」シーズン1、第1話の続きです。

 

ロスは離婚したばかり。

実はロスの元奥さんは、レズビアンであることが発覚したのでした。。

 

ロスは激しく落ち込みながら、男友達のチャンドラーとジョーイに対して言います。

 

f:id:rabana:20160630162430p:plain

what if~ ?  は、もし~したらどうだろうか? といったような仮定の表現。

that's it.     は、それで終わり、それまで、といったニュアンスです。

 

ロスはここで、誰にでも運命で結ばれたたった一人の女性がいるとしたらどうだろうか、と言っているのですね。

ロスの元奥さんはレズビアンだったので、運命の相手ではなかったのでしょう・・・(;^_^A

 

unfortunately   は、不運にも、不幸にも~

in one's case   は ~の場合、という意味。

ここでの her は元奥さんのことを指しています。

「彼女にとってたった一人の女性がいたんだ」と悲しそうに呟くロスのセリフがおかしいです。。(笑)

 

f:id:rabana:20160630164755p:plain

 

それに対して、ジョーイが答えます。

 

f:id:rabana:20160630163443p:plain

flavor    は、味、風味、という意味。

Let me tell you something.   ちょっと言わせてほしい、という表現は覚えておくと役立ちそうですね☆

lots of~  = a lot of~       たくさんの、という意味。

out there    は、ここでは 世間には、といった意味で使われています。

 

ジョーイは女性をアイスクリームの味に例えて、「世間には大勢の女性がいるんだぞ」ということを伝えているのですね。

プレイボーイのジョーイらしいセリフです。。(苦笑)

 

 ロマンチストのロスと、遊び人のジョーイ、2人の性格の差がよく出ている会話ですね~