海外ドラマ「フレンズ」で英語を勉強しよう!役立つ英会話

海外テレビドラマ「フレンズ」で英語を学習するブログです。日常英会話の勉強に役立つ英語のセリフ、フレーズ、名言を紹介し、解説しています。「フレンズ」は英語を学ぶのにおすすめの面白い海外ドラマ。楽しく観ながら英会話を身に着けましょう!

「フレンズ」シーズン1、第3話のセリフ①

「フレンズ」シーズン1、第3話

タイトルは "The one with the thumb"(親指の会)

 

今回のオープニングは、いつものカフェでメンバーが話しているところから始まります。

オープニングの会話では、男女の間のデートの暗黙の「お約束」についてみんなが話すのですが、それが面白い!(^○^)

 

まずフィービーがデートから帰ってくるところから始まります。

ロスが「(デートは)どうだった?」と尋ねます。

 

f:id:rabana:20160706165116p:plain

 

このフィービーの言葉に対して、一同は「あーあ」とため息をつきます。(笑)

 

それに驚いたレイチェルが「それの何が悪いの?」と尋ねます。

 

f:id:rabana:20160706165315p:plain

 

loosely        は、ざっくりと、大まかに、という意味。

 

translate     は 訳す、翻訳する。

 

 

f:id:rabana:20160706171126p:plain

 

別れ際に「またデートしようね」というのは、つまり「脈なし」の意味なのですね~(苦笑)

 

モニカの言葉にびっくりしたレイチェルは、また尋ねます。


f:id:rabana:20160706165907p:plain

since when?           は、日常会話の口語表現で、いつから~なの?といったニュアンスで使われます。

since always        も、口語表現で、ずっと前から、という意味で使われます。

 

「君が悪いわけじゃない」というのは「君が悪いんだ」という意味だというジョーイの言葉には、苦笑いしつつも、「ありそう・・・」と思ってしまいました。(^^;

 

さらにフィービーが別の例を挙げます。

 

f:id:rabana:20160706170519p:plain

 

cusion the blow        は blow =打撃、ダメージ をやわらげる、という慣用句。

 

相手に与えるダメージをやわらげるために、暗黙の「デート語」があるという話は面白くて、笑ってしまいました。o(*^▽^*)o

 英語だけでなくて、日本語でもありますよね~! (笑)