海外ドラマ「フレンズ」で英語を勉強しよう!役立つ英会話

海外テレビドラマ「フレンズ」で英語を学習するブログです。日常英会話の勉強に役立つ英語のセリフ、フレーズ、名言を紹介し、解説しています。「フレンズ」は英語を学ぶのにおすすめの面白い海外ドラマ。楽しく観ながら英会話を身に着けましょう!

「フレンズ」シーズン1、第3話のセリフ③

「フレンズ」シーズン1、第3話のセリフの続きです。

 

モニカはレストランでコックとして働いています。

彼女は同僚のポーラと話をしています。

 

彼女は最近ある男性とデートをし始めたところ。

友達みんなが彼と会いたがるので、困っています。

 

 

f:id:rabana:20160707234714p:plain

coyote                    コヨーテ

 

pick off ~                  ~をむしり取る

 

herd                       ( 家畜の)群れ

 

 

男性を家に連れて帰ると、友達みんながむらがって攻撃する、とモニカが愚痴をこぼします。

家畜の群れを攻撃するコヨーテに例えているのが面白いですね。(笑)

 

それに対して、ポーラは「それはそんなにひどいことじゃないわよ」と答えます。

 

f:id:rabana:20160707234726p:plain

look  out  after ~            ここでは、「~を心配する」という意味で使われています。

 

 

f:id:rabana:20160707235320p:plain

 

 

モニカはその後、ついに、デート中の男性を友達みんなに紹介します。

すると、意外なことに、みんなはすっかり彼を気に入ってしまいました。

むしろモニカよりも、みんなの方が彼に夢中になってしまっています。(笑)

 

でもモニカは彼に対していまいちピンとくるものを感じなくて、戸惑います。

モニカはまたポーラに相談します。

 

f:id:rabana:20160707234855p:plain

go out with~                   日常会話の表現で、(異性と)デートをする、付き合う、という意味で使われます。

 

f:id:rabana:20160707235030p:plain

 

feel the "thing"          ここでは(彼に対して)「ピンとくる」「特別なものを感じる」といったニュアンスで使われています。

 

友達はみんな彼にピンときているけれど、モニカ本人にはピンときていない、というところが可笑しい・・・。(^▽^;)

 

ポーラは「相手にピンとこないなら、別れなさい」と忠告します。

 

f:id:rabana:20160707235139p:plain

 

dump                     捨てる。ここでは(異性を)ふる、という意味。

 

 

「彼をふるのはとてもつらいわ」というモニカに、ポーラは「彼は大人なんだから大丈夫よ」と言います。

 

f:id:rabana:20160707235247p:plain

get over                      立ち直る、克服する

 

 

彼をフっても大丈夫だけれど、友達5人のことが心配なの、というモニカ。(笑)

 

モニカが最後に友達みんなに彼と別れることを告げるシーンがおかしいです。

まるでみんなが彼に失恋したかのようなショックを受けてしまいました・・・。(;´▽`A``

 

友達に自分の彼氏や彼女を紹介するときって、みんなの反応が気になるものですよね。

自分よりも友達の方が彼に夢中になってしまった、という設定が面白い話でした☆