海外ドラマ「フレンズ」で英語を勉強しよう!役立つ英会話

海外テレビドラマ「フレンズ」で英語を学習するブログです。日常英会話の勉強に役立つ英語のセリフ、フレーズ、名言を紹介し、解説しています。「フレンズ」は英語を学ぶのにおすすめの面白い海外ドラマ。楽しく観ながら英会話を身に着けましょう!

「フレンズ」シーズン1、第5話のセリフ③ コインランドリーで初デート☆

「フレンズ」シーズン1、第5話のセリフの続きです。

 

ロスはコインランドリーでモニカとレイチェルと待ち合わせをして、一緒に洗濯をしようと話していました。

ところがモニカが来られなくなり、レイチェルと2人きりになることに。

レイチェルのことが好きなロスは、嬉しそうにチャンドラーにこう言います。

 

f:id:rabana:20160717170113p:plain

Hold on there.                「ちょっと待って」という時に使う慣用表現。

 

think through                   じっくり考える、吟味する

 

 

「よく考えたのか?」というチャンドラーに対して、ロスが「ただの洗濯だよ」と返事をします。

 

f:id:rabana:20160717170701p:plain

 

minimal                   最小限の

 

 

「これはデートだよ」と言われて、ロスは「え、違うよ」と動揺してしまいます。

 

f:id:rabana:20160717171013p:plain

absolutely                   絶対に

 

apply                          適用される

 

 

「土曜日の夜だから、すべてのルールは適用される」というチャンドラーのセリフがおかしいですね☆

 

ロスは困ってチャンドラーに尋ねます。

 

f:id:rabana:20160717171438p:plain

 shave                   剃る  ここでは「ヒゲを剃る」という意味。

 

pick up               手に入れる、という意味があり、ここでは「ワインを手に入れて持っていく」というニュアンスで使われています。

 

rethink                  考え直す

 

 

「彼女がお前の下着を見る初めて機会になるんだぞ、汚れていていいのか?」とロスに詰め寄るチャンドラー。(笑)

ていうか、洗濯しにコインランドリーに行くわけだから、汚れているのは当然なのですが・・・(^▽^;)

 

 

さて、ロスはドキドキしながらコインランドリーでレイチェルと落ち合います。

家出をしてきたばかりのお嬢様のレイチェルは、実は自分で洗濯をするのは初めてなのだと言います。

 

そこでロスがレイチェルに洗濯のやり方を教えてあげることに。

自立することに不安を抱えているレイチェルは、ロスにこう打ち明けます。

 

f:id:rabana:20160717172313p:plain

 

sound                  ~と聞こえる、思われる

 

stupid                   馬鹿げた

 

 

誰でも初めて自分で生活するのは不安なものですよね。

「自分で洗濯ができたなら、できないことは何もないような気がする」というレイチェルの気持ちはわかります・・・('-'*)

 

f:id:rabana:20160717235802p:plain

 

レイチェルに対して、ロスは共感して答えます。

 

f:id:rabana:20160717172755p:plain

 

ロスは離婚したばかり。元奥さんのキャロルと別れてから、夕食を自分で作らなければならなかった時も、今のレイチェルと同じように感じたのかもしれないですね。

 

2人は仲良く洗濯をしますが、レイチェルは白いものに赤い靴下を混ぜる、という失敗をしてしまいました。

ショックを受けたレイチェルを、ロスは「誰にでも起こり得ることだよ」と慰めます。

 

f:id:rabana:20160717173327p:plain

upset                            混乱した

Don't be upset             「取り乱さないで」 ここでは「大丈夫だよ」というニュアンスで使われています。

 

 

ロスは慰めますが、レイチェルはすっかり落ち込んでしまいます。

 

f:id:rabana:20160717173440p:plain

live on one's own             自立して生活する

 

 

 「自分で洗濯さえできないのに、自立なんてできないのよ」としょげてしまったレイチェルですが、その後、いじわるな洗濯おばさん(笑)とケンカをして勝ち、自信を取り戻すことができます。

この過程もとても面白かったです。

優しく見守ってくれたロスとはいいムードに・・・♪